好きな人もいれば

不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、額は低くなるのです。

さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には証拠が必要になります。

無関係な人からみても明らかな不倫の証拠を用意しなくてはいけません。

浮気調査に必要な期間は、普通は3?4日が目安です。とはいっても、これはあくまで平均がそれぐらいだという話です。

普段から気づかれないように気を使っているパートナーの調査だと、3?4日では終わらず1週間から1カ月以上かかってしまうことがあり得ます。

逆に、浮気する可能性の高い日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともあるのです。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内訳は「実費」と「時間給」の2つです。

実費には移動にかかる費用、写真撮影にかかる費用などですが、調査中の食費が加わることもあるでしょう。

時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。

短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。今までと違った格好をするようになったら、浮気の恐れがあります。

浮気相手に好かれるための服装にしようとしていたり、評価をわずかでも高くしようとしたりしているのかもしれません。

突然に本人よりも若い年代の人のカラー・デザインの服装を選択するようになってきたら、非常に危険です。

その中でも特に、趣味の良い下着を着るようになってきた時は浮気をしていることがありえます。
yモバイルの続きはこちら

成功報酬の条件で浮気調査を探偵事務所に頼めば得になるかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。

成功報酬の条件では不成功な結果となった場合、お金を払わなくても済むので依頼者から考えると得ではないかと思うのです。

ですから、探偵事務所の中でも成功報酬を採用している所に絞って、見つけている人もいるのです。

日頃、相手の生活している様子を気をつけてみておくことは自分ひとりでも可能ですが、言い逃れのできないような浮気の証拠を掴む場合には、専門職としてノウハウを持っている探偵に頼んだ方が安全、安心です。